振動変位解析ソフトウェア MVP-VD2-S

移動している装置・ロボットのX・Y・Z軸の3軸の振動を余すことなくイメージしやすい変位に換算!

センサー&タブレット端末で完結するポータブルシステム

加速度データのフィルターリングソフトとしても 利用可能!

弊社モーションレコーダーシリーズで保存したデータに対応!

解析したデータはcsvファイルに保存可能!

画面イメージ・機能

MVP-VD2-S 画面イメージ・機能説明
MVP-VD2-S 画面イメージ・機能説明

製品仕様

主な仕様
型式 MVP-VD2-S
対象ハードウェア 無線振動データロガー MVP-RF6L-AC
高速3チャンネル小型無線振動記録計 MVP-RF3シリーズ
8チャンネル小型無線モーションレコーダー MVP-RF8シリーズ ※1
SDモーションレコーダー MVP-SDシリーズ
無線データレコーダー MVP-RFシリーズ※2
対応外部センサー 3軸加速度センサー MA3シリーズ
変位解析の周波数帯域(推奨値) 10~20Hz
測定周期 0.1・0.25・0.5・1・2msec ※3
変位精度 10%
精度保証可能な温度範囲 0~40℃
精度保証可能な変位 2mm
対応OS Windows10
Windows8
Windows7

※1 8チャンネルのうち、解析できるのはch1~ch3(内蔵加速度センサー対応チャンネル)となります。

※2 本シリーズは廃版となっております。

※3 記載の測定周期以外のデータから変位を解析した場合、精度の保証は致しかねます。