MVP-
RF3-HC

高速3チャンネル 小型無線振動記録計 MVP-RF3-HC

  • 無線でリアルタイムでデータ表示 !通信距離30mで最小0.25msec(4kHz)のサンプリング周期で計測可能
  • 小型・携帯可能!W45×D45×H18mmの手のひらサイズ
  • 3軸加速度センサ内蔵 3方向の振動が同時計測可能
  • 周波数解析(FFT)は1kHzまで可能 3軸加速度センサMA3と組み合わせることにより最適な計測レンジで1kHzまでの周波数解析が可能
    ※波形の再現には周波数の10~20倍のサンプリングを推奨
  • アタッチメントで簡単取り付け 強力なネオジム磁石を使用したアタッチメントを使用する事で、簡単に機械に固定できます。(オプション)

3分でわかる、簡単紹介動画

こちらからお問合せください

 

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

関連する活用事例を見る

ソフトウェア機能をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

オプション品を見る

応用事例

装置計測分野

多関節ロボットによる加工での振動監視、異常振動検出で品質確保

通常時と異なる振動を検出した際に点検することで、点検タイミングの精度を上げます。

ロボットアーム、回転部など可動部の振動測定、振動レベル判定による出荷判定

可動部の測定は無線だから可能です。配線の影響を考える必要はありません。

ベルトコンベアなどの搬送時の衝撃計測、搬送不具合部の特定

ベルトコンベアに乗せてそのまま流すだけで、衝撃が発生する要注意点をチェック可能。

ポンプ、モータなど駆動部の振動計測による疲労判定、予防保全

駆動部の振動を定期的に計測する事により、機械が破損する前にメンテナンスのタイミングが分かります。

梱包落下試験などの衝撃測定による製品への影響評価

落下時の製品に加わる衝撃を、4kHzサンプリングで細かく測定可能。梱包の評価にもご使用できます。

切削加工部の振動計測で、ツールの消耗度合いを評価

加工時の振動を評価する事により、加工刃の再研磨期間を伸ばし、コスト削減

 

製品特徴

ソフトウェア機能

リアルタイム波形表示/異常お知らせ機能

無線通信で計測データはリアルタイムで画面にグラフ表示されます。
あらかじめ任意の値を設定しておくと、計測値がその値を超えた際にはチャンネルごとにお知らせします。

FFT解析機能

計測結果グラフにて範囲指定して「FFT解析」ボタンをクリックすると角周波数事のパワースペクトル値を表示できます。
FFT波形を簡単に確認でき、解析結果の保存も可能です。

複数台計測機能

複数台計測機能を使うと、最大4台までの同時計測が可能です。
計測データのグラフは4台同時にリアルタイムで表示できます。

こちらからお問合せください

 

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

関連する活用事例を見る

ソフトウェア機能をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

オプション品を見る