無線動作角度計測ソフトウェア MVP-DA2-S

理学療法の研究者の皆様に!肘・体幹軸などの角度が簡単・正確にわかる!

2つのセンサー間の角度差を計測

通常の角度計では計測困難なねじり・ひねりも計測が可能!

動作中の角度変化をグラフ表示!

※御使用には、専用の8チャンネル小型無線モーションレコーダー(MVP-RF8)が2セット必要になります。
MVP-DA2-S 差分表示画面明

応用事例

  1. 理学療法の現場に強い味方
    • 肘・膝の回旋角度(ねじり角度)計測
    • 体幹傾斜角度(歩行時の体の軸の傾きなど)計測

主な仕様

ソフトウェアの画面イメージ

  • 2つのセンサーの角度差をグラフで表示。
MVP-DA2-S 差分表示画面明
MVP-DA2-S 差分表示画面
  • それぞれのセンサーの角度データを表示。
MVP-DA2-S 角度グラフ表示画面
MVP-DA2-S 角度グラフ表示画面

製品仕様

主な仕様
型式 MVP-DA2-S
対象ハードウェア 8チャンネル小型無線モーションレコーダ MVP-RF8シリーズ
対応外部センサー 6軸モーションセンサー MP-M6シリーズ
対応OS Windows10
Windows8
Windows7
推奨画面解像度 WXGA (1280×768) 以上