MVP-
WS2-S

MVP-WS2-S

体幹2点歩行動揺計 THE WALKING

  • 綺麗な歩行、健康的な歩行、体幹をしっかり使うことができてい る歩行。一言に「歩行」と言っても、様々な歩行があります。
    そんな歩行を、数m歩いていただくだけで計測できたら良いと思いませんか?
  • 体幹2点歩行動揺計は、歩行解析に特化した簡易モーションキャプチャです。歩行時の体幹の動きを平均化した軌跡から、動きの滑らかさや筋力の左右バランスの乱れなどを見ることができます。
  • 無線式のセンサを脊椎(背中)と仙骨(腰)に付け、たった10m歩いていただくだけで、瞬時に解析結果を表示することができます。解析結果は、2つの画面に並べて表示できますので、歩行指導の介入前後の比較や、シューズの違い等、歩行の「変化」を見ることができます。
  • 周波数解析(FFT)は1kHzまで可能 3軸加速度センサMA3と組み合わせることにより最適な計測レンジで1kHzまでの周波数解析が可能
    ※波形の再現には周波数の10~20倍のサンプリングを推奨
  • 屋内・屋外問わず計測することができ、最大30m離れていても計測可能です!(オプション)

体幹2点歩行動揺計のビデオマニュアルをご覧いただけます(約12分)

体幹2点歩行動揺計の簡単な紹介をご覧いただけます(約2分)

応用事例

1.理学療法分野

可動部の測定は無線だから可能です。配線の影響を考える必要はありません。

  • 歩行指導の効果を見える化。
  • ロコモティブシンドロームや腰痛、膝痛の肩の歩様の変化の比較。
    →計測したデータを2つ同時に画面上に表示することができるので、指導前後での比較が容易にでき、結果の違いが一目でわかります。

2.歩行関連用具分野

  • 靴やインソール、歩行補助具の効果を見える化。
    →短時間で結果が得られるTHE WALKINGでの計測は、インソール等の装具を調整しながら、最適なものを製作する場面での適用が期待されます。

3.スポーツ分野

  • 体幹トレーニング効果の見える化。
  • 各スポーツや、運動の際のフォームチェック。

実用例

こんな場面で使われています!

佐久平中小企業振興協会「ザ・ウォーキング」事業で吉田工業㈱様(佐久市)の40~50歳代の社員、20名の歩行計測を実施(H26.7~8)

ソフトウェア画面

解析した周期分のデータを平均化して表示。2点間の動作のアニメーション表示が可能!

生データ画面

解析した周期分の生データの表示。解析に用いる周期は、任意に設定が可能です。解析結果のデータは、csvファイルで保存可能です!

主な仕様

※1: -3dBにて規定
※2: 内蔵センサを使用した場合最大2チャンネル。
※3: MVP-RF8標準添付ソフトウェア MVP-RF8-Sを使用した場合。複数台計測4台の場合、2~100msec。3台以下の場合、1~100msec。
※4: 本製品を海外で使用されることをご検討される場合、弊社までご相談ください。
※5: 本製品を仕様は予告なく変更する場合がございます。

外観寸法図及び接続仕様

オプション品一覧

MVP-RF8胸部用ベルト MVP-RF8-CBL

  • 2か所の金具で簡単に装着できます。
  • ベルトの長さを任意に変更が可能です。
  • センサは、マジックテープで取り付け可能です。

MVP-RF8仙骨用ベルトMVP-RF8-SBL

  • 幅 約6cm・長さ 約100cmの伸縮性ベルト2本セット。
  • 2本のベルトが連結可能です。

MVP-WS2専用アルミケースMVP-WS2-ALC

  • 約46cm×33cm×14cmのアルミケースです。(取手部分除く)
  • 「THE WALKING」構成部品全てを収納でき、持ち運びに便利です。

お試し用のデモ機を用意しております

「THE WALKING」貸し出しを希望される方は、下記より申し込み用紙をダウンロードいただき、貸出機種の「その他」のところに「THE WALKING」とご記載頂き、その他必要事項をご記入の上FAXにてお送りください。
なお、大変恐縮ですがデモ機のお貸し出しは法人の方に限らせていただきます。

貸し出し申し込み用紙ダウンロード