THE WALKINGが富士山頂で活躍!

本日から長期の夏季休業に入る皆様も多いのではないでしょうか? 長野県には、帰省の方だけでなく、登山のお客様も非常に多くお越しいただくシーズンで、とても活気にあふれています! さて、弊社の体幹2点歩行動揺計「THE WALKING」を富士山頂で使用していただきました! 日本登山学会理事であられる、東京都立大塚病院の井出里香医師をはじめとする研究チームが8/3~8/4にかけて実際に富士山に登頂され、山頂にて、血液中の酸素濃度や心拍数などの測定と一緒に歩行時の体幹や骨盤の揺れ具合を調べるため、弊社機器をご使用いただきました。 滑落を引き起こす登山中のふらつきと急性高山病や疲労との相関性などを検証することが目的とのことです。 計測の様子が、8/5付の静岡新聞の一面で紹介されたとのことです。紙面は掲載できませんので、Webサイトについてリンクでご紹介をさせていただきます。 https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/665879.html?news=665572 (静岡新聞Webサイト「@-S」より引用)   今回の計測結果が、滑落事故防止のため少しでもお役にたつようであれば幸いです。   (岡田 恵也)