加速度センサーの用途【その1】

みなさんこんにちは。 マイクロストーンの水野です。 暖冬だといわれつつ最近冷え込みがきつくなってきましたが、みなさんは防寒対策ばっちりでしょうか? 佐久市は長野県の中でも特に寒いところで、朝起きたら-15℃なんてことも。 なにせ標高700メートルですから、、、 出勤前に車のフロントガラスについている霜をサクサク削るのが定番になってきました。(佐久だけに!) さてオチもついたところで、今回から加速度センサーの用途について紹介します。 今回ご紹介するものは、 gatag-00010585 そうスマートフォンです。 今や、一人一台が当たり前になっているスマートフォンにも、当たり前のように加速度センサーは入っております。 なにに使われているのでしょうか? 身近な使い道としては、 「画面の自動回転機能」 があります。 スマートフォンを横に傾けてると画面がそれに対応して回転してくれる機能ですね。 なんでそんなことができるのだろうか? 3 答えは、「加速度センサーで重力加速度を計測できる」ため。 重力加速度とは、物体が落下しているときにどれだけ加速するかであり、 重力加速度g=9.8m/sec^2 で表すことができます。 無題 この重力加速度を利用して、スマートフォンが縦になっているか、横になっているか判別してるのですね。 意外と身近にある加速度センサーのお話でした。