HOME > 商品情報 > センシングシステム事業 > 高速3チャンネル 小型無線振動記録計 MVP-RF3-HC

高速3チャンネル 小型無線振動記録計 MVP-RF3-HC

1軸の計測しかできない!有線では動いているところを計測できない!とお困りの方へ

無線でリアルタイムでデータ表示!
通信距離30mで最小0.25msec(4kHz)のサンプリング周期で計測可能
小型・携帯可能!
W45×D45×H18mmの手のひらサイズ
3軸加速度センサ内蔵
3方向の振動が同時計測可能
周波数解析(FFT)は1kHzまで可能
3軸加速度センサMA3と組み合わせることにより最適な計測レンジで1kHzまでの周波数解析が可能
※波形の再現には周波数の10〜20倍のサンプリングを推奨
アタッチメントで簡単取り付け
強力なネオジム磁石を使用したアタッチメントを使用する事で、簡単に機械に固定できます。(オプション)
無線モーションレコーダ,イメージ

ソフトウェア画面・機能オプション品一覧製品仕様・外観応用事例

応用事例

装置計測分野

ロボットアーム、回転部など可動部の振動測定、振動レベル判定による出荷判定
可動部の測定は無線だから可能です。配線の影響を考える必要はありません。
ベルトコンベアなどの搬送時の衝撃計測、搬送不具合部の特定
ベルトコンベアに乗せてそのまま流すだけで、衝撃が発生する要注意点をチェック可能。
ポンプ、モータなど駆動部の振動計測による疲労判定、予防保全
駆動部の振動を定期的に計測する事により、機械が破損する前にメンテナンスのタイミングが分かります。
梱包落下試験などの衝撃測定による製品への影響評価
落下時の製品に加わる衝撃を、4kHzサンプリングで細かく測定可能。梱包の評価にもご使用できます。
切削加工部の振動計測で、ツールの消耗度合いを評価
加工時の振動を評価する事により、加工刃の再研磨期間を伸ばし、コスト削減
高速3チャンネル小型無線振動記録計 MVP-RF3のカタログをダウンロードいただけます。
カタログをダウンロードする。

 (MVP-RF3-HC_Catalog.pdf)

ソフトウェアの画面イメージ

主な仕様

※1 内蔵センサ使用時の特性となります。
※2 内蔵センサを使用する場合は、外部センサは使用できません。
※3 2〜3台同時使用の場合は、1〜100msec、4台同時使用の場合は2〜100msecとなります。
本製品は、日本国の電波法に基づき認証取得しております。
日本国外での使用可否の判断、動作保証は行っておりません。
(海外で使用すると当該国の法令により罰せられる可能性があります。)

外形寸法図及び接続仕様

お試し用のデモ機を用意しております
貸し出しを希望される方は、下記より申し込み用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上FAXにてお送りください。
貸し出し機器の数量には制限がございますので、ご希望の日程にそえない場合がございます。
貸し出し申し込み用紙ダウンロード

 (Rental-form_MVP_R16.pdf / 102kB)

 (Rental-form_MVP_R16.doc / 70kB)