人体動作計測スタートアップセット
MVP-RF8-StartUPセット

人体動作計測スタートアップセット、人体一部動き評価する際便利計測ツールです。

計測データ数字出力されますので解析時前処理不要です

計測用アタッチメント多数ご用意しておりますので取り付け心配不要です。

 

 

こちらからお問合せください

 

用途事例(理学療法士・体育系大学研究者様)

人体一部動き
簡単数値化して評価する

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

 

お客様お困りポイント

1. カメラ使う機器導入多額費用がかかってしまう。

2. カメラでの計測必要画像処理難しい。

3. 人体一部動き評価をするのにカメラをは大がかりすぎる

 

 

解決ポイント

計測簡単、出力データ数値出てくる加速度センサ評価使う。

 

 

MVP-RF8 イチオシ機能

1. MVP-RF8-HC動き無線計測

無線なので人の計測したい場所につけるだけ。
大がかりな設備は不要なので場所を選ばず計測できます。

 

2. 専用ソフトウェア計測したデータすぐ確認・解析できる

リアルタイム計測なので、計測結果はすぐに見られます。
保存データは数値なので、難しい画像処理などは不要です。

 

3. ベルトアタッチメント簡単取り付け

専用のベルトアタッチメントでベルトによる取り付けが可能です
ベルトは複数の長さをご用意していますので、様々な場面に対応できます。


MVP-RF8-HC本体


ベルトアタッチメントでの取り付け

 

 

お客様(理学療法士・体育系の大学など)

1. 論文等多く使用されており、解析方法技術サポートしてもらえたので安心して使用できた。

2. 計測個所追加したり、他社製品機器同期したりと、少しずつシステムアップしていけるので導入しやすかった。

3. 配線などに阻害されない自然動作計測できて、予想一致する結果得られた。

 

装着計測簡単、場所選ばず使用できます。

 

こちらからお問合せください

 

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

 

MVP-RF8-StartUPセット使用流れ

生波形表示画面

 

周波数解析画面

 

計測データはcsvファイルで保存可能です。
市販表計算ソフトウェアを使用して様々な解析が可能です。

 

 

商品構成

種別 品名 型番 主な特徴他
本体セット 8チャンネル小型無線
モーションレコーダ
MVP-RF8-HCセット 内容物:本体 MVP-RF8-HC/計測ソフトウェア MVP-RF8-S
充電用ACアダプタ/USBケーブル
スタートアップガイダンス/検査成績書
PC側受信機 Bluetooth-
USBアダプタ
Parani-UD100 通信規格:Bluetooth Class1 最大通信距離約30m
取り付け用
オプション
MVP-RF8ベルト
アタッチメント
MVP-RF8-ABL MVP-RF8-HC本体に専用ベルトを通せるようにできるアタッチメント
ベルト幅28mm、厚さ3mmまで対応。
MVP-RF8
ベルトセット
MVP-RF8-BL 本体を人体に固定するための伸縮性ベルト。30cm・35cmの2本セット
主に腕部・脚部などへの固定向け。
MVP-RF8
ロングベルト
MVP-RF8-LBL 本体を人体に固定するための伸縮性ベルト。長さ約100cm
主に腰部などへの固定向け。

 

 

主な仕様

項目 仕様 単位
型式 MVP-RF8-HC-500 MVP-RF8-HC-2000
内臓センサ 加速度センサ 検出軸 3 (Ax・Ay・Az)
検出加速度 ±20/±60 (コマンド切り替え) m/sec²
応答周波数 0~100 ※1 Hz
角速度センサ
(ジャイロスコープ)
検出軸 3 (Ax・Ay・Az) ch
検出角速度 ±500 ±2000 deg/sec
応答周波数 0~50 ※1 Hz
A/D分解能 1024 (10bit) LSB
サンプリング周期 1~100 (可変) ※2 msec
無線通信規格 Bluetooth 2.0 (Class 1)
無線通信距離 (参考値) 約30 m
連続動作時間 (目安) 約8 時間
動作温度範囲 0~40
レコーダ部サイズ 45×45×18 mm
レコーダ部重量 約60 g

※1  -3dBにて規定
※2  複数台計測4台の場合、2~100msec。 3台以下の場合、1~100msec

 

 

こちらからお問合せください

 

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)