無線振動監視システム
MVP-FiS-005セット

無線振動監視システム FiS、モータなどの振動する機械保全している現場サポートします。

置いて待つだけ計測から診断まで実施します。

初期の導入しやすい5セットご用意しました。

 

 

こちらからお問合せください

 

用途事例(工場の保全・生産管理担当者様)

生産ライン急停止をなくし、
生産効率上げる

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

 

お客様お困りポイント

1. 既存設備長く効率よく使うために保全したい、方法わからない

2. モータ・ポンプ部品急な故障生産ライン止まってしまう。

3. モータ・ポンプ故障ライン止めない為早め部品交換行う運用コスト高くなってしまう

 

 

解決ポイント

モータ・ポンプ故障タイミング・交換適正タイミング知る。

 

 

MVP-FiS-005 イチオシ機能

1. 毎日始業前動作チェック時振動を自動記録

FiSならば自動計測なので手間がかからない。

 

2. 加速度データからRMS値算出、指定した期間内計測結果グラフ1画面で5台分表示

ひと目で経過状況がまとめて見える。

 

3. 設定したしきい値超えたら赤い表示警告お知らせ

算出も警告も自動でできるので確認するだけで運用可能。

 

 

 

さらに

1. 無線タイプなので配線考えず設置可能

導入時、配線の引き回しに悩む必要はありません。

 

2. 1年に1度の充電運用可能メンテナンスフリー仕様

1130秒計測設定時

MVP-FiS用センサ本体

 

 

お客様(フィルムメーカ様など)

1. モータ・ポンプ故障交換する時期が分かった。

2. ソフト操作簡単だった。

3. 計測手間かからないので簡単。

 

最大100か所計測まで、任意台数システムアップすることで、費用負担分散可能です

 

こちらからお問合せください

 

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

 

MVP-FiS計測流れ

Step1 計測条件設定(自動監視前1回だけ)

計測条件を設定します。
ここだけ手動です。

 

Step2 自動計測

設定した条件で、自動で計測します。
センサは設置したままで操作は不要です。

 

Step3 トレンドグラフ表示

 

 

商品構成

種別 品名 型番 数量 主な特徴他
計測器本体 無線振動監視
システム振動計
MVP-FiS-
A3-AC
5 内容物:本体 MVP-FiS-A3-AC/充電用ACアダプタ
USBケーブル/スタートアップガイダンス/検査成績書
ソフトウェア 無線振動監視
システム
ソフトウェア
(5台版)
MVP-FiS-
S01-005
1 1つのソフトウェアにつき、1台のPCにライセンス発行
「10・15・20・25・50・75・100」台版にシステムアップ可能
PC側受信機 Bluetooth-
USBアダプタ
Parani-
UD100
1 通信規格:Bluetooth Class1 最大通信距離約30m
取り付け用
オプション
MCVP-RF8
磁石アタッチメント
MVP-RF8-
AMG
5 MVP-FiS-A3-AC本体を磁石固定・ねじ止め固定
できるようにするアタッチメント
ねじ止め穴:ピッチ50×50mm・M3タップ(4か所)

 

 

主な仕様

項目 仕様 単位
内臓センサ 加速度センサ 検出軸 3 (Ax・Ay・Az)
トレンドグラフ作成は、うち1軸を選択
検出加速度 ±20/±60 (コマンド切り替え) m/sec²
応答周波数 0~100 ※1 Hz
A/D分解能 1024 (10bit) LSB
サンプリング周期 1 (固定) msec
無線通信規格 Bluetooth 2.0 (Class 1)
無線通信距離(参考値) 約30 m
電池寿命 自動計測実行時 約1 (1日1回30秒計測の場合)
連続計測時 約50 時間
動作温度範囲 0~40
本体サイズ 45×45×42 mm
本体重量 約150 g

 

 

こちらからお問合せください

 

用途事例をPDFで見る(印刷・ダウンロードする)

カタログをPDFで見る(印刷・ダウンロードする)