HOME > 応用事例 > 無線モーションレコーダを用いた人体動作解析

無線モーションレコーダを用いた装置振動解析

8チャンネル小型無線モーションレコーダを見る

 弊社の「8チャンネル小型無線モーションレコーダ、 MVP-RF8シリーズ」は、ワイヤレスでの計測が可能ということで、 様々な用途にご使用いただいております。

 ワイヤレスですので面倒な配線作業が必要なく、 また移動する装置や搬送機、大型のロボットなど 動作の大きい機器の計測も楽々可能で、 これまで見ることができなかったデータを余すことなく 計測できるとのことで、産業分野の方にも 数多くご使用いただいております。

無線モーションレコーダ,イメージ
応用事例
1.【生産現場内】 加速度ピーク値で製品搬送の条件出し
 半導体ウェハや液晶用のガラスパネルなどは、 近年大口径化・大型化が進み、それに伴って 搬送時の振動によるウェハ・パネルへのダメージ の問題が大きくなってきております。

 弊社無線モーションレコーダは、ワイヤレス計測が 可能なので、搬送中の振動も楽々計測できます。

 搬送装置のメーカー様には、客先での 装置の設置時の条件出し用として使用し、 振動と工程速度の最適化を行うツールとして活用 頂いております。

 生産・生産技術担当には、搬送装置 や台車等の振動を定期的にチェックし、ある値を 超えたところで装置等のメンテナンスを行う、 判定のためにご使用いただいております。

 右の図では、振動のピーク値によって搬送条件 の善し悪しの判定を行っております。  上の図では、ピークが約40m/sec^2となって おりますが、下の図では約20m/sec^2となっており、 搬送条件によって振動レベルが半分になった ということが確認できたデータ例です。

WALK,イメージ 搬送振動データ,イメージ
2.【技術・設計部門】 FFT解析でポンプ・モータ振動解析
 ポンプやモータは、回転数が確認できて いると、FFT解析によって振動発生の原因を ある程度特定できます。

例えば、右下のFFT解析結果の場合、  約320Hz付近に振動のピークがあることが わかります。
 ここで、モータの回転数が約5,000rpm(約83Hz) であったとすると、 ピークの波形は回転数の約4倍になっています。
 ここで、モータの回転数を例えば約10,000rpm (約166Hz)に変更したときに、ピーク周波数が 約640Hzに変われば、振動の原因は回転機構 にあると考えられます。
具体的には、シャフトやベアリングなどの部分が 振動発生源と考えられます。
 もし、モータの回転数を変えても、320Hz付近に ピークが存在すれば、これは機構部分の固有振動 によるものと考えられます。
具体的には部材の厚み・寸法や材質を変えることに より、振動の周波数やレベルを変えることができます。

 モータやポンプの設計部門や、工場内の施設管理 担当の方などにご使用を頂いております。

ポンプ,イメージ

FFT,イメージ
3.【品質管理部門】振動変位計測でロボットの出荷検査
 加速度データから振動変位に換算できるソフトウェア 「変位解析ソフトウェア MVP-VD-S」を使用すれば、 動作中の振動変位がもれなく算出可能です。

 例えば、右の図は、産業用ロボットの動作時の振動変位解析結果 の一例です。このロボットの場合、振動変位値の閾値を2mmとし、 個の値を超えたらNGと判定します。
 このデータの場合、3つの軸方向のうちのZ軸方向の振動変位が 規定の2mmを超えてしまっております。このことはグラフを読み取っても 確認できますが、閾値を設定しておけば、この閾値を少しでも超えた場合 NG判定としてボタンが赤色に変わり、振動変位が規定以内に収まって いるか一目で確認できます。装置の出荷検査の部門などにご使用頂いて おります。

,イメージ
VD,イメージ 閾値設定:この場合は2mmに設定
判定:OKは緑、NGは赤