BLOG

「無線振動データロガー MVP-RF6L-AC」発売のご紹介

本日 10月3日はセンサーの日(10/03→千3→センサー)です。

マイクロストーンではそのセンサーの日に新製品を2品リリースいたします。

まず1つめ 工場設備を状態監視し、予防保全・兆候管理分野向けに開発した
「無線振動データロガー MVP-RF6L-AC」です。

主な特徴は3つ

1. 無線通信距離が100mと長い!
新しい通信規格 「WiSUN」を活用させていただき、Bluetooth製品では到達できなかった
通信距離「100m」を実現できました。
これにより、従来計測できなかった場所や、移動距離が長い搬送機などでも計測が
できるようになりました。

2. サンプリング周波数が20kHzと高い!
従来の弊社製品の最速サンプリングは10kHzでしたが、ついに20kHzまでのサンプリングが
可能になりました。(ロギング計測時)
これにより、弊社製品 高周波帯対応3軸加速度センサーと組みあわせることで、FFT解析可能な
周波数帯域が10kHzになり、より微細な振動も計測できるようになりました。

3. 本体に内蔵メモリを装備!
従来の無線振動記録計シリーズではリアルタイム計測しかできず、移動する設備の計測が
困難でしたが、MVP-RF6L-ACでは本体に計測データを保持することが可能なり、PCとの距離
が離れてしまうような状況でも計測が可能になりました。

<本体写真>

製品紹介ページも作成しましたので、ぜひご確認ください。 

次に2つめの製品の紹介です。
予防保全、兆候管理をよりサポートできるアプリケーションソフトウェア
「振動状態監視ソフトウェア MVP-VCS-S」

ソフトウェアの特徴は3つ
1. 必要なことはデータをフォルダに入れるだけ!
計測したデータをフォルダにいれるだけで、簡単に状態監視ができるようになります。
フォルダ内のデータの特徴データを解析、自動でトレンドグラフを描画します。
2. さまざまな解析
「トレンドグラフ」で振動の経時変化を確認。「2点間比較」で2つのデータを重ねて表示。
「解析機能」で加速度、速度、FFT の解析ができます。
3. しきい値越えのお知らせ機能
お知らせ画面で「どのセンサーのどの特徴データ」がしきい値を超えたかすぐにわかるお知らせ機能
がついています。
お知らせ表示画面をみただけで、センサーデータの異常がひとめでわかるようになります。

<ソフトウェア表示画面>

製品紹介ページも作成しましたので、ぜひご確認ください。 

現場の保全業務にぜひご活用ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧