HOME
お客様のご要望のモーションセンサ開発からセンシングシステムまで、自社で一貫したサービスを世界に先駆けて提供する会社です。現場や研究において、「動き」「振動」「衝撃」の計測で御悩みの方は、お気軽にご相談下さい。 FAQ/お問い合わせ

News&Topics

2012.4.25

【重要なお知らせ】弊社製品の海外でのご使用について

1) 加速度センサ・角速度センサ(ジャイロセンサ)を使用した製品

 加速度センサ・角速度センサ(ジャイロセンサ)を、及びそれらを利用した製品については、「外国為替及び外国貿易法」に定める制限貨物に該当するため、輸出する場合は同法に基づく輸出許可が必要になります。
 また仕様によっては海外への輸出が制限される場合があります。

2) 無線を使用した製品
   8チャンネル小型無線モーションレコーダ
   高速3チャンネル小型無線振動記録計

 弊社無線製品については、日本国の電波法に基づき認証取得をしております。日本国外での使用可否の判断、動作保証はしておりません。
 海外で使用すると当該国の法令により罰せられる可能性があります。

上記の点ご留意いただきご使用の程よろしくお願いいたします。
ご不明な点ございましたら弊社宛お問い合わせください。


 

2012.2.21

データ解析手法をご紹介 ~軌跡解析

 弊社では、創業間もないころより、「加速度センサ」「角速度センサ(ジャイロスコープ)」といった「モーションセンサ」の開発、及びその応用技術の研究開発を行って参りました。

 3軸加速度センサと3軸角速度センサを組み合わせ、物体の「動作軌跡」を算出する技術開発について、今から約6年前の平成17年頃より開始し、現在も開発を続けております。

 現在はまだカタログ商品として皆様にご提供できる段階ではございませんが、スポーツの動作軌跡や作業の動作解析などで、限られた空間・時間内での解析を行うシステムはカスタム案件としていつくかのお客様にご提供をさせていただいております。

 軌跡解析技術のうち、一部を利用して「動作角度」を算出できるようにした製品が、「動作角度計測ソフトウェア MVP-DA2-S」です。

 http://www.microstone.co.jp/product/sensor-MVP-DA-S.html

 今後、より高度な3次元軌跡解析技術の開発を行い、軌跡解析が安価に手軽にできるようになりますよう、努力を重ねて参ります。

 是非ご期待ください。

2011.6.20

振動計測用途例 『各工程での振動計測で異常を早期発見!!』

最終検査の前、あるいは各工程で簡易的な振動検査をすることで、早期に異常を発見することができます。

弊社としてお勧めするのが、8ch小型無線モーションレコーダです。
この製品は、「簡単に」計測ができます。
・無線でデータを送信できるので配線いらず
・マグネットアタッチメント(オプション)を用いることで取り付け簡単
わずか約10万円のご予算で早期異常発見、早期原因解析、早期対策まで可能です。

2011.1. 8

素材攪拌用モーターの振動解析 『モーター回転振動の周波数が無線で簡単にわかる!』

ある固形物製造部門で、素材の攪拌に用いている装置に無線モーションレコーダMVP-RF8を取り付け、計測を行いました。
取り付けは2か所です。
・モーター外側部分
・モーターと攪拌装置間のベアリング外側部分

実際に素材を入れて攪拌しているところを計測し、加速度の波形を周波数解析(FFT)にかけたところ、モーター外側部分に周波数のピークが現れました。

2010.3. 2

「地域中小企業育成プロジェクト」に採択されました

長野県中小企業振興センター殿より、「地域中小企業育成プロジェクト事業」の採択事業が発表され、平成21年度は長野県内の5社の事業が採択されました。
弊社も、下記テーマにて採択を頂きました。今後事業化に向け一層尽力致しますので、今後とも御支援の程よろしくお願い申し上げます。

 テーマ名:マイクロセンサを活用した行動識別計の高度化技術の開発と事業化

 関連サイト:「ビーなび信州 長野県中小企業振興センターWebサイト」をご覧ください。


  

2009.12.10

応用事例紹介ページの更新

 弊社モーションレコーダシリーズや、加速度センサ、角速度センサは日頃よりご愛顧を頂きまして、様々な分野に使用されております。
 この度、応用事例ページに「人体動作解析」と「装置振動解析」を中心としたお客様の応用事例について紹介したページを追加いたしました。
 これからモーションセンサを使用したいと考えている方、また現在使用している方でも何かヒントになることがあるかもしれません。

是非一度ご一読ください。

詳しくは「応用事例ページ」をご覧ください。