情報解析
方法紹介

振動強度の比較方法について

振動加速度のデータは一般的に周期的に正負の繰り返しの信号となっております。波形データの最大値が大きければ強度が高いかというと必ずしもそうではなく、その信号の周波数(作用していた時間)も影響します。そこで、ある一定時間内での平均的な信号の強度を「実効値(RMS値)」によって求めることが可能です。実効値を求めることにより、機器啞装置であればその装置に振動により受けている「負荷」、人体であれば「動作による活動強度」といった値が推定できると考えられています。

こちらからお問合せください

詳しい解説はこちら