BLOG

加速度センサと予防保全

みなさんこんにちは。
マイクロストーンの水野です。

最近インフルエンザが流行り始めているそうで、佐久市内の小学校でも蔓延しているそうです。

私も最近体調不良になり、会社を休んでしまいました。

今の季節は乾燥していて、菌が空気中に蔓延しやすいため風邪をひきやすい時期なのだそうです。

皆様も体調には気を付けてください。

illustrain01-kaze

さて今回は「予防保全」をテーマに上げたいと思います。

風邪の予防には手洗い、うがい、マスクをするなどの予防保全がありますが、

機械の予防っていったい何をするのでしょう?

3

機械故障の大きな原因のひとつにベアリングやモータの摩耗があります。

ベアリングなどの摩耗は、少しづつ動作中の装置の揺れが大きくなり、いずれ装置が故障します。

加速度センサを用いて、装置の「揺れ」を計測し、故障する前に修理することで、予防保全になります。

今回は手軽に装置の予防保全ができる

無線振動監視システム「MVP-FiS-S01」

を紹介したいと思います。


無線振動監視システム「MVP-FiS-S01」は予防保全に特化しており

1. 無線で最大25箇所定点計測

2. 定時計測

3. 電池充電が1年毎(1日1回30秒計測時)

が特徴の監視システムになります。

気になる方は下の動画をチェックしてみてください。

無線振動監視システムFiS紹介動画

本製品のページはこちら
http://www.microstone.co.jp/product/sensor-mvp-fis-s01.html

みなさんも装置の「予防保全」始めてみませんか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧