BLOG

歩行計測装置 THE WALKING ®  ちょっと便利な機能 その1

皆様、こんにちは!

マイクロストーンの野澤です。
人体動作計測分野のソフトウェア開発と営業を担当しております。

今回初めてブログを担当させていただきますが、私の担当回では

体幹2点歩行動揺計 「THE WALKING®」 の
 
 知っていると ちょっと
便利な機能

について、数回にわたって紹介して参ります!

第1回の今回ご紹介する機能は、こちら!

校正値 保存/読込み です。

校正値保存/読込み

ご存じの通り、加速度センサやジャイロセンサの出力は周囲の環境(気温など)によって変化してしまいます。

そのため、THE WALKING®には「標準校正」と「簡易校正」の2種類の「校正」があり、水平面にセンサを静止させたときの出力をもとに、環境によって変化してしまうセンサの感度やゼロ点を補整するための「校正値」を得ることができます。

——————————————————————-
校正の方法はこちら↓↓

「体幹2点歩行動揺計 ビデオマニュアル」
https://www.youtube.com/watch?v=Epr93GHgM-I
——————————————————————-

この「校正値」をPCに保存しておき、必要な時に読みだして使うことができる機能が
校正値 保存/読込み です。

「校正値」は環境によって変化するので、本来、「校正」は計測する環境で行う必要があります。

そのため、当初は、PCとセンサ(MVP-RF8)の無線接続を確立した後に、最低1回は「校正」を実行しないと計測に移れない仕様を考えていました。

しかし、

水平面にセンサを静止させられない環境(野外や振動の多い人ごみ等)では、「校正」に必要な安定したデータを取集できず「校正」が完了しないため、肝心の計測に移ることができないのです。

「どこでも測れる簡易モーションキャプチャー」

というコンセプトで開発しているのに、「校正」の為に使用環境が限定されるのはいただけない!

ということで、保存しておいた過去の「校正値」を読みだして計測できる仕様に修正しました。

病院のリハビリテーション室や大学の実験室で計測を行うお客様は、周囲に「校正」に適した水平面もたくさんあるでしょうから、使う機会の少ない機能かもしれません。

ウォーキングイベントやスポーツ選手の計測など、野外で計測されるお客様などは水平面が確保できる環境で念のため「校正」と「校正値 保存」を行っておいていただき、計測の場で「校正」に適した水平面が見つからなかった場合には、「校正値 読込み」を実行して計測に進んでください。

「校正」する場所がなくて計測できなかった。(TДT)
という事態が防げます。

以上、体幹2点歩行動揺計「THE WALKING®」の知っていると、ちょっと便利な機能でした!

体幹2点歩行動揺計「THE WALKING®」
http://www.microstone.co.jp/product/sensor-mvp-ws2-s.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回、ブログの担当初回ということで簡単に自己紹介をさせていただきます。

改めまして、動作健診事業部の野澤 秀隆と申します。

大学ではロボット工学を専攻しておりました。

出身は弊社のある長野県佐久市です。
実家暮らしなので、うちに帰ると暖かい食事とお風呂が待っています(笑)

趣味は大学1年の時に始めたサイクリングです!
今でも、週末には地元の友人とサイクリングに出かけたりします。

bike

現在、入社3年目で、人体動作計測関係の営業とソフトウェア開発を担当しております。
お客様の声を、ソフトウェア開発にいかしていきたいと思います。

今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧