HOME
お客様のご要望のモーションセンサ開発からセンシングシステムまで、自社で一貫したサービスを世界に先駆けて提供する会社です。現場や研究において、「動き」「振動」「衝撃」の計測で御悩みの方は、お気軽にご相談下さい。 FAQ/お問い合わせ

News&Topics

2014.12. 8

「SEMICON JAPAN 2014」ご来場のお礼。

 12月3日から5日行われました「SEMICON JAPAN 2014」の弊社ブースに、沢山の方々に足をお運びいただきまして、誠にありがとうございます。

 展示の中で、特に新製品の「高周波3チャンネル振動記録計」は、ご好評を頂きました。
 無償で1週間デモ機をお貸出しできますので、ご来場になれませんでした方も、是非お試しください。

 今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

2014.12. 1

メルマガコラム 2014年12月

 先月のこのメールマガジンにてご案内させて頂きましたが、11/12~15まで、ドイツのメッセデュッセルドルフにて、世界最大規模の医療機器展示会「MEDICA2014」に出展をいたしました。

 昨年も出展をさせていただいたこともありまして、今年は大きなトラブルもなく、盛況のうちに出展を終えることができました。
 (その分、このメールマガジンに面白いネタが載せられず、申し訳ございません・・・)

 4日間の開催にて、世界35か国より約110名の方にブースにご来場をいただきました。
 ありがとうございました。

 今年は、歩行計測のデモンストレーションを行いましたが、日本人と欧州の方では歩き方の傾向が異なるということもわかりまして、非常に興味深い結果を得ることができました。

 日本の展示会はどちらかというと、商品の「プレゼンテーション」の場で、展示会中には商品の説明のみを行い、商談は個別に後日というスタイルですが、欧州の場合権限のある方が来場されるとブースでそのまま「商談」を行うことが一般的だそうです。

 私共も昨年出展させていただいてそのあたりの様子はわかっておりましたので、日本の展示会ではあまり行わない、

  1.ブースには商談できる椅子・机をご用意
  2.コーヒーや紅茶等の飲み物をご提供
  3.女性スタッフ(弊社常務、兼社長夫人です)を常駐

といったことを行いました。

 ヨーロッパスタイルの展示会の場合、お客様おひとりお一人とお話しできる時間も長いので、お客様との関係を深めるのにはとても良いと感じました。

 一つ面白かった点として、上記のような事情から、今回出展したメッセ・デュッセルドルフには会場内にスーパーマーケットやホームセンター(日本のコンビニレベルではありません)があり、コーヒー豆や紅茶の葉、カップ、お菓子、さらには弊社ブースではご提供しませんでしたが、ワイン・ビールといったアルコール類まで業務用サイズで用意されており、いつでもすぐに購入でき、弊社も便利に利用させていただきました。(ヨーロッパの会社のブースではアルコールを提供している会社もたくさんあります。)

 ただ、広い会場に1か所しかなく、何故か会計レジも2か所しかなかったため、会計してもらうのに1時間ほど並びましたが・・・。

 また来年、機会がございましたら是非現地で皆様とお会いできればと思います!