HOME
お客様のご要望のモーションセンサ開発からセンシングシステムまで、自社で一貫したサービスを世界に先駆けて提供する会社です。現場や研究において、「動き」「振動」「衝撃」の計測で御悩みの方は、お気軽にご相談下さい。 FAQ/お問い合わせ

News&Topics

2014.8. 1

メルマガコラム 2014年8月

 この7月より、長野県佐久地方事務所で運営しております、佐久平中小企業振興協会内の組織として、佐久総合病院、長野県工業技術総合センター、及び佐久市内の企業5社で連携して、「ザ・ウォーキング」という組織を立ち上げまして、歩行を改善することで健康増進を図る試みを開始しております。

 ここでは、佐久市内の企業をモデルとさせて頂き、40~50代の方20名を対象に、現在弊社にて佐久総合病院のご支援を頂いて開発中の「体幹2点歩行動揺計」を用いて歩行計測を行い、その結果を基に理学療法士の先生にその場で歩行のアドバイスをしていただき、2週間後、1か月後に再度計測を行い、指導の結果がどの程度浸透するかの検証を行っております。

 今回の計測に用いております、「体幹2点歩行動揺計」は弊社8チャンネル小型無線モーションレコーダを2個、胸椎(背中)付近と仙骨(腰)付近に装着し、歩行時の3軸加速度のデータと3軸角速度のデータから、それぞれの部位の歩行時の「軌跡」を算出し、歩行状態を数値化・データ化するというものです。

 この様子は、テレビ東京系の「ワールドビジネスサテライト」でもご紹介を頂きました。多くの方にご覧いただきお声掛けもいただきましてありがとうございました。

 ご覧になっておられない方は下記サイトにてご覧いただけますのでよろしければご覧いただければと思います。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_70979/

 また、長野県の広報のブログにも取り上げて頂いております。

http://blog.nagano-ken.jp/saku/work/3072.html

 まだ取り組みを始めたばかりで、20名の方の計測が2回終了した段階ですが、何名かの方は1回目の先生のアドバイスを基に歩行の仕方や姿勢の改善についてちょっとした取り組みをされて、結果効果が数値で現れていることも確認できました。

 逆に、何もしていない方は2週間間隔を空けて2回計測しても、ほとんど歩行の仕方が変わらず、それぞれの方の個性があることも確認できました。

 今後もまた継続して取り組みを行いまして、より皆様のお役に立つ結果を商品としてご提供できますよう、今後も尽力して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。